OBS大分放送
大山商事エコ物語

大山商事エコ物語・第9回

   2010/12/22

毎月第4水曜日に「村津孝仁の朝感ラジオ」の中でお送りしています『大山商事エコ物語』。

「大山商事」は、主に金属くずのリサイクルや、産業廃棄物の処理を行っており、 そのエコに対する事業展開が評価され、2004年8月には「環境マネジメントシステムISO14001」の認証を取得しました。

今回は、大山商事株式会社総務部広報・企画河崎さおりさんにお話を伺いました!

photo

村津:今年最後の放送となりました。
今回は、「大山商事」の事業内容、また特色について、もう一度おさらいしてみたいと思います。

「大山商事」がおこなう“リサイクル”には、どのようなものがあるのか?
改めて教えてください。

河崎さん:はい。
代表的な物として「鉄くずリサイクル」、「非鉄金属リサイクル」、「自動車リサイクル」、「FRP船リサイクル」など、産業廃棄物を処分してリサイクルするのが主な業務内容です。

村津:なるほど。。。それでは、たとえば古くなった「自動車」のリサイクルですが、その解体処理は、具体的にどのような工程になりますか?

河崎さん:はい。
大山商事では、1日平均200台の自動車処理を行っています。
使用済み自動車の解体処理ですが、まずは、解体の事前処理工場で、オイルやフロンガスを抜き取りを行います。また、その際に、エアバッグの処理も行います。
その後、自動車解体場へ持っていき、エンジンや足回りの鉄を外し、シュレッダーにかけます。

村津:シュレッダー??

河崎さん:はい。
そのシュレッダーで「鉄」と、鉄以外の「アルミ」などの選別をします。
また、処理をする際に発生した「スポンジ」などのゴミは、専門の処理工場に運んで再利用します。

村津:処理が済んだ「鉄」や「アルミ」などは、その後、どうするのですか?

河崎さん:船やトラックで国内外へ運搬し、利用されています。

村津:「ゴミを出さずに、再利用する」・・・徹底していますね。

河崎さん:そうですね。

村津:環境に配慮した「大山商事」の取り組みを、分かり易く説明していただきました。
さて、大山商事の年末年始の営業はどうなっていますか?

河崎さん:年末年始は12月31日~1月4日までお休みで、1月5日から通常営業となっています。

村津:わかりました。
河崎さん、今日はありがとうございました!
来年もよろしくお願いします。

河崎さん:よろしくお願いします。

photo

~お問い合わせ~
●大分市豊海「大山商事株式会社」
お問い合わせ)フリーダイヤル0120-384-464

大山商事株式会社
大山商事株式会社
  • OBS大分放送
  • OBSニュース
  • OBSテレビ
  • OBSラジオ
  • OBSイベント
  • 株式会社大分放送
radiko
AMラジオ周波数
  • 大 分 1098kHz 中 津 1557kHz
  • 日 田 1557kHz 佐 伯 1269kHz
  • 竹 田 1557kHz 湯布院 1098kHz
FMラジオ周波数
  • 93.3MHz

©2021  Oita Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.