OBS大分放送
チャレンジ トゥ ザ フューチャー

4月14日(月)のチャレンジ・トゥ・ザ・フューチャー

   2014/04/14

今日のゲストは、久住農産 代表 渡邊義博さんでした。

久住農産は、竹田市久住町で自家栽培による良質なにんにくの生産を行って

います。また、そのにんにくを使用し、独自製法による熟成黒にんにくの一貫

製造、販売も行っています。

渡邊さんは、本業は整体院を営んでいますが、8年前ににんにくの栽培を

開始、4年前に久住に移転し、にんにくの栽培と黒にんにくの製造販売を行って

います。

(写真上・左:黒にんにく、写真右:黒にんにくの加工品の試作品)

元々整体治療に従事している渡邊さんが、農業を始める際ににんにくを選んだ

のは、少しでも周りの方々の健康のお役立ちたい、という強い思いからでした。

そして、4年前に黒にんにくに出会い、その良さを実感し、開発に着手しました。

「黒にんにく」とは、にんにくそのものを独自の手法で丁寧に時間をかけて熟成

発酵させたもので、皮をむくと一粒一粒がしっとりとした真っ黒な実に変化して

います。

このように通常のにんにくを、にんにく自身が持つ発酵能力で熟成発酵させる

ことによって、甘味やうま味が増すのはもちろん、食べた後にはにんにく独特の

臭いが残らず、さらに健康に良いとされるにんにくの成分も、生のにんにくに比

べて何倍も増えるそうです。

(写真:黒にんにくの中身。甘くてほっこり!)

久住農産さんでは、熟成のための機械や黒にんにくの研究開発におよそ3年を

かけ、昨年から本格的に黒にんにくの販売を開始。丁寧に時間をかけて熟成

発行させた渡邊さんの黒にんにくは、粒が大きく、皮がパリッと気持ちよく綺麗に

剥くことが出来、中身はしっとりと甘くてまるで果物のようです。

スタジオの三重野アナウンサーと安波さんも早速試食をさせていただき、想像を

超えた甘さと柔らかさに二人とも「美味しい!」と感動☆

熟成された黒にんにくの実は、大きさも食感も味もまるでプルーンに似ていて、

目を閉じて食べるとにんにくとは分からないほどの甘さです。

また久住農産では、より多くの方が食べやすいようにと加工品の開発にも力を

入れています。

まずは黒にんにくのペーストを開発。そしてこのペーストを固めた一口サイズの

黒にんにくのゼリーを試作中です。今年の9月には販売を開始予定です。

024

(写真:黒にんにくのゼリー。一口サイズにペーストを固めて少し酸味を加えた

羊羹のような食感のスイーツで、お茶うけにもぴったりです♪形はまだ試行錯誤

を重ねている最中とのことです!)

渡邊さんの黒にんにくは、口コミでどんどん広がり、現在は生産が追い付かない

ほどの状況です。

6月には新たににんにくの収穫を行い、7月に販売が出来るように計画している

そうです!楽しみです!

黒にんにくを通して皆さんの健康のお手伝いをしたい、とおっしゃる渡邊さんの

今後の目標は、黒にんにくを安定的に生産・販売を行うために、にんにくの

生産者も募集して仲間を増やし、久住をにんにくの産地にしてゆきたいとの

ことです!

《お問合せ先》

久住農産 竹田市久住町大字久住371-2

電話:0974-77-2020

  • OBS大分放送
  • OBSニュース
  • OBSテレビ
  • OBSラジオ
  • OBSイベント
  • 株式会社大分放送
radiko
AMラジオ周波数
  • 大 分 1098kHz 中 津 1557kHz
  • 日 田 1557kHz 佐 伯 1269kHz
  • 竹 田 1557kHz 湯布院 1098kHz
FMラジオ周波数
  • 93.3MHz

©2022  Oita Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.