OBS大分放送
おはようサンデー 中島三奈の教えて!農業

今回は、大分県農業賞を受賞した永松英治さん!その2!!

   2016/02/28

今回は、先週に引き続き、

第47回大分県農業賞の企業的農業経営部門

法人経営の部最優秀賞に輝いた

冨貴茶園の永松さんを訪ねてのリポートでした。

 

前回は、機械化による大規模なお茶の栽培についてでしたが、

今回は永松さんが取り組む和牛の放牧についてお話を伺いました。

 

永松さんは、10年前に茶業と並行し、牛の放牧を始めました。

放牧という名の通り、牛たちを自由に山々の中に放しています。

餌やりや排せつ物の処理などは、

自然の力と牛たちの生命力を用いながら飼育しています。

021018

この放牧は、元々、レンタカウ制度を利用し、

牛3頭から始めました。

試験的に飼育してみた1年間、牛に塩と水をやり、

あとは自然に生える草や木々を

自由に食べさせながら飼育してみたところ、

子供も産まれ、立派に成長したそうです。

初めは3頭だった牛も、今では40頭にまで増えました。

子牛を10か月まで育て、その後は玖珠にある市場に売りに出します。

この永松さんの飼育方法は、

一般的な牛の飼育コストの3分の1ですみます。

また、夏は茶業、冬は牛が中心ということで

複合経営も両立させることができました。

最初は、この方法に疑問を持っていた牛の専門家の方たちも、

ストレスなく元気に育つ永松さんの牛を見て、驚いていたそうです。

 

永松さんは、

「今後国東で放牧される牛が1000頭になるといいな。

国東ニュージーランド化だね。大きな夢だけど。」

と笑いながらおっしゃっていました。

 

しかし、最近では県外の方が永松さんのところにきて勉強し、

放牧に新規参入されたり、視察や講演依頼も増えているそうです。

“国東ニュージーランド化”も遠い夢じゃない気がします(^^)

 

牛1頭1頭に名前を付け、

愛情たっぷりに育てる永松さんの取り組み、

今後も注目されそうです!

ご家族の皆さん力を合わせて頑張ってくださいね★

023

永松英治さん、奥様のまりさん、息子の紀征さん、

ありがとうございました!!

  • OBS大分放送
  • OBSニュース
  • OBSテレビ
  • OBSラジオ
  • OBSイベント
  • 株式会社大分放送
radiko
AMラジオ周波数
  • 大 分 1098kHz 中 津 1557kHz
  • 日 田 1557kHz 佐 伯 1269kHz
  • 竹 田 1557kHz 湯布院 1098kHz
FMラジオ周波数
  • 93.3MHz

©2021  Oita Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.