OBS大分放送
衛藤賢史のシネマ教室

コンフィデンスマンJPプリンセス編

   2020/07/28

人気TVドラマ「コンフィデンスマンJP」の劇場版の2作目。コロナ禍による映画館の封鎖で、封切りが3カ月遅れての上映となった作品です。ぼくはTVドラマを見てなくて、映画ではじめて見た1作目を楽しかったので、心待ちしていたのだ!

シンガポールの大富豪レイモンド・フウが亡くなった。その遺書には3人の子供でなくて、誰もその存在を知らなかった<隠し子>のミシェルが後継者に指名されていた。その情報を知ったダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)リチャード(小日向文世)らと、10兆円と言われる遺産の分け前にあずかる計画を立てはじめる。コックリちゃん(関水渚)と言われる苛めを受けつづけ、ただコックリとうなずくだけの少女。例によって入念な仕込みをし、コックリちゃんをダー子お得意の洗脳教育をほどこしてシンガポールに乗り込む。相手するのは長年レイモンドの執事を努めている切れ者のトニー(柴田恭兵)。ダー子の仕込みの成果が発揮されトニーはコックリちゃんを<ミシェル>と信じさせるのに成功する。ダー子の目的は、自分がミシェルの母であり出自が卑しい母子となってトニーから後継者として適当でないと思わせ億単位の手切れ金を奪うことにあったのだ。しかしトニーは、何とコックリちゃんを遺言どおり後継者として世間に公表してしまい世界中のセレブを招く大規模な後継者発表パーティーを開くことをダー子に告げる。泡をくったダー子は、作戦の練り直しを考えるが 着々とその日が迫ってくる。おまけにその参加者に天敵の赤星(江口洋介)が入っているではないか!さあ、ダー子・ボクちゃん・リチャードはどうその危機を乗り越えられるのか?例によってラストの巻き戻しによる仕込みの楽しさが満載される展開は、この作品パターンを熟知しているファンにとってのとっておきのオ・タ・ノ・シ・ミとなっており、今回も満足させるだけの内容となっていたのだ。

とにかくこの作品独特のカラッとしたユーモア感覚に加えて、ナイスなシンデレラ物を味付けしていたのは楽しかった!コロナで鬱屈している今、こんな作品はストレス解消にいちばんいいかも。
ぼくのチケット代は、2200円出してもいい作品でした。
星印は、3ッさしあげます。

5点満点中3点 2200円
  • OBS大分放送
  • OBSニュース
  • OBSテレビ
  • OBSラジオ
  • OBSイベント
  • 株式会社大分放送
radiko
AMラジオ周波数
  • 大 分 1098kHz 中 津 1557kHz
  • 日 田 1557kHz 佐 伯 1269kHz
  • 竹 田 1557kHz 湯布院 1098kHz
FMラジオ周波数
  • 93.3MHz

©2021  Oita Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.