OBS大分放送
衛藤賢史のシネマ教室

43年後のアイ・ラヴ・ユー

   2021/03/02

『ネブラスカ、ふたつの心をつなぐ旅』で、伝統あるカンヌ映画祭史上最年長となる主演男優賞を獲得したブルース・ダーンが、再び元気溌剌とした老人を演じるコメディ作品です。今年85歳となるブルース・ダーンの衰え知らずの演技を存分に楽しむ作品となっています。

70歳のクロード(ブルース・ダーン)は、愛妻を亡くしLA郊外に一人暮らしをしている。辛口の演劇評論家だったクロードは、今や親友のシェーン(ブライアン・コックス)と、あれやこれやの薬の効用を喋り合う生活を送る隠居老人となっている。そんなクロードの唯一の悩みは、愛する娘の夫で州の副知事をしているクロードとは反りの合わない義息の女性との醜聞報道で、孫娘が高校で苛めにあっていることだった。そんなある日、昔の恋人であった人気舞台女優のリリィ(カロリーヌ・シロル)が、アルツハイマーを患い施設に入った事をニュースで知る。20代で新進気鋭の演劇評論家だったクロードは、人気絶頂のリリィと道ならぬ恋に陥った激しい恋の過去を再び思い出した!切ない別れから43年経った今、リリィの病状を知ったクロードの心は騒いだ。クロードは親友のシェーンを口説き落として自分もアルツハイマーの患者として、その施設に入院することに成功する。守備よくリリィに接近したものの、リリィの心は虚ろでクロードとの出来事は記憶に残ってない有様。しかし、往年の情熱を取りもどしたクロードは、根気よくふたりの過去の想い出を語りかける内に、リリィの代表作であった「冬物語」の台詞に反応するのを発見する。クロードは高校で演劇部に入っていた孫娘に訳を話して、ある作戦を一緒に実行することにするのだが…。

老いてもなお、若き日の情熱を心に残すクロードの精力的な行動を描くこの作品は、ブルース・ダーンの軽妙な演技が見ものとなる内容となっていた。ただ脇筋になる娘の夫の事件が本筋にあまり絡まずに進行するのが欠点となっていた。むしろ、脇筋にこだわらずにクロードのアルツハイマー施設での行動に絞る内容の方が見易くなり、それに家族がしだいに理解していく手法の方がブルース・ダーンの個性が生きるのではないかと思われる作品であった。

ぼくのチケット代は、2100円出してもいい作品でした。

星印は、2ッ半さしあげます。

5点満点中2.5点 2100円
  • OBS大分放送
  • OBSニュース
  • OBSテレビ
  • OBSラジオ
  • OBSイベント
  • 株式会社大分放送
radiko
AMラジオ周波数
  • 大 分 1098kHz 中 津 1557kHz
  • 日 田 1557kHz 佐 伯 1269kHz
  • 竹 田 1557kHz 湯布院 1098kHz
FMラジオ周波数
  • 93.3MHz

©2021  Oita Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.