衛藤賢史のシネマ教室

劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班

  2021/04/06

過去と現代が一本の無線機でつながり、未解決事件をおたがい協力しあいながら捜査していくというTVドラマ(元は韓国TVドラマ)を、オリジナル・ストーリーで映画化した作品です。

2021年東京。高速道路でハイヤーが暴走し乗っていた政府高官が亡くなった。桜井(吉瀬美智子)をリーダーとする警視庁の<長期未解決事件捜査班>は、過去のバイオテロ事件から事件性を感じる。それに呼応するように三枝(坂口健太郎)の持つ、過去に生きる大山(北村一輝)からの無線機が作動しはじめた。2009年。大山の生きる東京でも、警視庁の報告は暴走による事故死と処理され事件性を否定している事案となった。両親を過去のバイオテロで亡くした小泉(奈緒)は、この事故の得意性からバイオテロを疑うが、大惨事を起こしたバイオテロは完全に制圧したと政府側は否定する。2009年、暴走する車に乗った政務官を目撃していた大山はバイオテロがまだ収まってないと確信するも捜査を中止されていた。その状況を過去から現在に伝えた大山によって、三枝はリーダーの桜井ら<長期未解決事件捜査班>の仲間たちと秘密裏に捜査を開始する。2009年の過去に生きる大山も、坂口と密に連絡を取り合って再び中止されたバイオテロの可能性を捜査しはじめる。そして、現在に生きる三枝たちと過去に生きる大山の執念の捜査上に浮かび上がった驚愕の事実とは…。

本来は有り得ない事象をストーリーの核として取り組んだこの作品は、現在と過去に生きる刑事たちの捜査を丁寧に描写することによってドラマとして成立し得ていた。フィクションを大味にさせない手法とするための細部描写を大切にすることによって、観客が作品の中に感情移入させる構成は成功していたと思う。だが、クライマックスの三枝の乱闘シーンなど、作品を盛り上げるためのオーバーな描写は、返って観客の気分をそぐ結果となっていたと思うのだ!

ぼくのチケット代は、2200円出してもいいと思う作品でした。

星印は、2ッ半さしあげます。

5点満点中2.5点 2200円
radiko
AMラジオ周波数
  • 大 分 1098kHz 中 津 1557kHz
  • 日 田 1557kHz 佐 伯 1269kHz
  • 竹 田 1557kHz 湯布院 1098kHz
FMラジオ周波数
  • 93.3MHz
公式SNSアカウント

©2021  Oita Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.